海水でおきる髪のダメージとは

どうも、那覇新都心にある美容室『ハーツ新都心』の神山です!

 

夏はやっぱり海ですよね ^_^海いきますよね?

 

  みんな、海に入ると「傷む、色が抜ける、ごわつく、パサつく」などは当たり前に知っている事だと思います。

 那覇、沖縄、新都心、美容室、スロウカラー、ヘアカラー、ヘアサロン、安い、うまい、上手い、上手、じょうず、美容師、デザインカラー、縮毛矯正、トリートメント、ダメージ、痛む、傷む、いたむ、ダメージヘアー、ビビり毛、ビビリ毛、ドエス、どえす、DO-S、デューエス、カットカラー、パーマ、デジタルパーマ、イルミナカラー、美容師求人、求人、美容師募集、募集、美容室求人、美容室経営 

 ですが、原因は⁇ご存知ない方のために!

 

 そもそも、何で海に入ると髪がバサバサになったり、色が抜けるのか?

 

  1.  紫外線の影響(紫外線はメラニン色素を破壊するので色落ちが激しくなります。)
  2. 海水はアルカリ性(カラーやパーマなどの薬剤もアルカリ性などで髪に負荷がかかります。)
  3. 塩分が髪表面にまとわりつく

この3つが大部分を占めている!

 

この辺は個人的見解もありますが、アルカリはキューティクルを開いてしまうのでら内部のタンパク質や色素が流失しやすくなる。

 

キューティクルが開いていると、閉じている時よりも紫外線の影響が大きくなる。

 

キューティクルが開いてると、キューティクル同士が絡まって指通り手触りが悪くなる。

 

塩分が、髪の表面にまとわりついてより手触りの悪化の原因になる!

 

 こういった事が起こるんですよね(T_T)

 

 海に入るとカラーやパーマしたのと同じぐらい(すこし大げさかも)髪に負荷がかかるので事前事後の対策をしっかりとしましょう!

 

 事前対策としては、日焼け止めですね!

 

もちろん、髪用の日焼け止めがいいんですが、個人的には無い場合はお肌に使うのと同じもので問題無い!と、思ってます!

 

それで髪がきしんだりとかしませんし、多少何かしらの影響があったとしても紫外線よりかはマシでは?と!

 

 事後は、海水で濡れた状態で長く放置せずしっかり髪を洗うことと、髪がどうしてもアルカリになってしまうので弱酸性に戻してあげる事がオススメです。

 

 

 

すこし長くなったので、続く

 

ホットペッパー予約
 

ご予約、相談、質問はLINE@からも受け付けてます!

事前の相談でスムーズに対応出来る場合が多いです^_^

休日、勤務時間外でも対応可能な場合があります!お気軽にお問い合わせください( ´ ▽ ` )ノ

気軽にポチッと応援よろしくお願いします!

友だち追加

沖縄那覇新都心にある美容室 HEARTS(ハーツ)

沖縄県那覇市おもろまち4-16-23

スカイビル2階

TEL0988620882

インスタグラム

Instagram

HEARTS新都心店のLINE@とInstagramもお気軽にフォローお願いしますm(_ _)m
あっ、フェイスブックも^_^

友だち追加

Instagram

フェイスブック
 

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中