髪物語!サロントリートメントが余計に髪にダメージを与えてる・・・

前回のは、長くダラダラとわかりずらかったかと思うので今回は細かい事書かずに簡潔にまとめてみます!

サロントリートメントの実態


トリートメントが髪を傷めるなんて信じがたいかもしれません。ましてや、美容室でやるトリートメントこそダメージを与えてるなんて( ;  ; )

美容室を利用する方は1度や2度ぐらいトリートメントした事あるし、無くても勧められた経験は最低でもあるはずです。

トリートメントされた事ある方はわかるはずですが、ほとんどの美容師が「どうです、この手触りとツヤ?凄く良くなりましたね」「うちのトリートメントは持続性も優れてるんですよ」的なニュアンスで伝え触れてもらいます!

触ってもらう時に、ツルツルサラサラでないとお客様からすると良くなった気がしません。

髪を内側から補修した場合、髪と同じ物資でないもので強度をあげるのでどうしても硬さとゴワつきが生じ、質感が落ちてしまいます!

そうなってしまっては、良くなった気がしないですし触ってもらうわけにはいけませんよね?

そうならない為に、内部補修をするより外部をコーティングして手触りだけをよくしてるんです!でないと、やってもらえないですし、売れませんからね( ;  ; )

そして、持続性がよりあったほうがこのトリートメントが効果あったような気をさせてくれます。

やばい、話がそれそう∑(゚Д゚)

内部補修してなくて外部だけってのが、ほとんどのサロントリートメントの実態でコーティングで誤魔化している!

前回の記事でコーティングがなんでいけないかある程度かいてるのでなんとなくわかってもらえてたら大丈夫です。

サロントリートメントは持続性があるので、普通のトリートメントより剥がれた後にはダメージが起きてるんです。

そして、1番やってはいけないのがカラーやパーマ、縮毛矯正などの薬剤を使用した後にするトリートメントが1番髪によろしくないんです(T_T)

なぜ、薬剤の施術直後がいけないのか?

これを1番知ってもらいたい!

カラー剤もパーマ剤も1度流したりシャンプーしたりするだけでは、髪に残留してるんです。

それを、極力髪から追い出そうとアルカリオフしてくれる処理剤や炭酸などを用いてやってくれる美容室もたくさんありますがそれでも髪から完全に抜けません。

何もしないよりかは良くて、抜けやすい状態にしているというイメージでいいとおもいます!

どのくらいの期間、薬が残留しているのか?

どんなに優しい薬でも、例え化粧品登録の薬で施術しても約2週間ほど髪に滞在します。

アフターケアをちゃんとして、クレンジングに特化したシャンプーを使ったとしても縮めれて半分の期間だとおもいます!

意外と長いでしょ?

サロントリートメントでコーティングして、コーティングが剥がれないような優しいシャンプー使って、またコーティングするトリートメント使ってとしていたら、この2週間よりも長い間髪に滞在する事になります。

傷む気がしてきたでしょ?

なので、サロントリートメントはよくないのです(T_T)

読んでいただいてありがとうございます!

次回はマイナスのヘアケアで髪をすっぴんにしてみよう

 

こんな感じのコーティング髪を無くしていきましょう!

そろそろタイトル変えよう( ;  ; )恥ずかしくなってきた∑(゚Д゚)

ご予約、相談、質問はこちらから!

事前の相談でスムーズに対応出来る場合が多いです^_^

休日、勤務時間外でも対応可能な場合があります!お気軽にお問い合わせください( ´ ▽ ` )ノ

友だち追加

沖縄県那覇市おもろまち4-16-23

スカイビル2階

TEL0988620882

インスタグラムもそのうち投稿するかも

Instagram

広告

髪物語!サロントリートメントが余計に髪にダメージを与えてる・・・” への5件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中